ママが焦がしてしまった真っ黒いパン。それを夕食に出されたときの父の対応がずっと心に残る・・・

ある日の夕食に真っ黒のパンが・・・

家族で囲む食卓は明るく温かいものです。

しかし、その場が凍り付くようなハプニングが起こりました。

これはある1人の男性が少年時代に体験した話です。

幼い頃の夕飯の時間なんて、
だいたい一家団欒温かい空気が流れていた…

それぐらいの記憶しかないことがほとんどですよね。

しかしこの少年にとって、
あの夜のことだけは脳裏に焼きついて
今でもハッキリ覚えているといいます。

さて、どんな事が起きたのでしょう。
その日はいつものようにお母さんは
キッチンで家族の夕飯を作っていました。

仕事から帰宅したこの日のお父さんは、
普段以上に疲れた様子でクタクタになっていました。

夕飯のメニューはシチューとトースト。

しかし目の前に出されたトーストを見て、
少年は息を飲みました。

こんがり美味しそうとは決して言えない
黒焦げのトーストだったのです。

なんて言っていいのかわからず、
お父さんの言葉を待ってみる事にしました。

疲労困憊のお父さんがどう反応するのかビクビクし不安に思っていると、
お父さんは何も言わずにそっと黒焦げのトーストを手に取り、
バターをぬって食べ始めたのです。

何事もなかったかのように
たっぷりのシチューと共に食事を始めたお父さんは、
いつものように僕に今日は学校でどうだったのか、
宿題は終わったのかと話してきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です