「夢の原点」を与えてくれた人に出逢う奇跡のような話。「この写真に写っている警察官を探してほしい・・・」

夢はどんなきっかけで生まれるかわかりません。

でも、そのきっかけってその人にとってはとても大事なもの。

「夢の原点」みたいなものですよね。

今回は、その「夢の原点」に再会した素敵な話を紹介します。

「この写真に写っている警察官を探してほしい」

あなたは、小さな頃、どんな夢を抱いていましたか?

そのきっかけにはいろいろなものがあると思います。

人が気に留めないような小さなことが、
将来を決めてしまうということもあり得るのです。

もし、自分がした些細なことがきっかけで、
将来の夢が決まったとしたら、あなたはどう思いますか。

そして、それを遠方から
はるばる伝えに来てくれたとしたら、どうでしょうか。

日本から韓国に旅行に行ったときのある経験から、
将来の夢を抱いた少年がいました。

そして、少年は夢を叶えることができたのです。

その報告をするために、
日本から韓国へと足を運んだ男性がいました。

さて、この男性は無事、
目的を達成することができたのでしょうか。

2015年2月14日にソウルの西大門警察署を訪れたのは、
鳥取和道さんという日本人男性でした。

鳥取さんは、2005年に撮られた写真を持っていました。

まだ慣れていないのか、つたない韓国語で、

「この写真に写っている警察官を探してほしい」

と頼んだのだそうです。

鳥取さん一家がソウルを旅行していたときのことでした。

息子が、交番の前で写真を撮りたいと言い出したそうです。

そのときたまたま通りかかった警察官に頼んでみたところ、
快く了承してくれたのです。

自分の警察帽を息子にかぶせてくれ、
パトカーを背景に二人で写真を撮ってくれたのだそう。

このふれあいから、息子は警察官になるという夢を
追うようになったと言います。

そして、夢を抱き続けた息子は、
高校3年生のときに警察官採用試験に挑み、見事合格しました。

警察学校を2015年に卒業して、夢を叶えることができたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です