子どもの教育って難しい。

子どもに不幸せになってほしい親なんてそうはいない。

だから一生懸命。

子どもが社会に出たとき人に迷惑をかけないように躾をするのも子育て。

いろんな人がいるから子育てもいろいろあって当たり前だと思います。

あるママの記事にとても共感したので紹介します。

子育ての課題の一つ「怒る」。

さて、みなさまはこの記事を読んでどう思いますか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あるスーパーで。売り物の卵のパックをたて続けに3つか4つ落とし、それをぐしゃぐしゃと踏む男の子がいました。

4歳ぐらいだと思います。

(おーこれはやんちゃだ、お母さんはどこにいるにかな?)と近づきましたが、お母さんは見当たりません。

迷子かも知れないので、その子と手をつないでうろうろしたけれど見つからない。

スーパーの店員さんに卵のことを話し、迷子かもしれないことも話そうとしたとき、

『ちょっと!なんなんですか!?』

と私の手を払いのけてお母さん登場。

『あ、ごめんなさい、迷子かと・・』思ってを言う前に『電話してただけですから!外にはいました!』と重ねるお母さん。

なんか怒ってる・・・?
 
 
店員さんがお母さんに、坊やが卵を割っていた話をすると

『うちの子がやった証拠はどこにあるんですか?

怒らない育児してるのに、もしも怒って犯人が違ったらどう責任をとってくれるんですか?』

と。

子供に対しては

『ママが買い物終わるまでiPadやってなさいって言ったでしょ!めんどくさいなーもう!!』

と言いました。

私に助けを求める困り顔の店員さんに『ヤメトケ』と首をふり。

数秒の沈黙の後、その親子はフンスカしながら帰りました。

ぽつんと並んだ私たち。

『払いましょうか?』

ってきいてみたけれど店員さんは断ってくれました、卵代。

でもそれさえできなくて逆にむなしかったです。

私、どうすればよかったんだろう。

そして、一つ考えることがありました。

『怒らない子育て』についてです。