山口市、宇部市の学習塾「かわしま進学塾」東進衛星予備校山口白石校の川島乃です。

 

とうとうやってやりました!

かわしま進学塾東進山口白石校が「向上得点」高1・2部門総合10位を達成しました!

向上得点?なんだそれ?って声が聞こえてきますが、わかりやすく言うと、

「勉強量を数値化したもの。」ということになるでしょうか。

東進衛星予備校は全国に約1000校舎以上あります。

全国津々浦々、北海道から沖縄まで。

普通の公立高校や私立高校の生徒から灘・開成といった超TOP校の生徒もいます。

そんな中、地方の公立・私立の生徒たちが並居る強豪たちに打ち勝ち、勉強量で全国10位にランクインしました。

また、東進衛星予備校では日頃の向上得点によりランク付けがされており、当校舎は2Aリーグというリーグに入っているのですが、その中ではランキングで全国5位!

今月に入ってからの生徒たちの異常な努力量は肌で感じていて、そこそこの順位には入るだろうという手ごたえはありましたが、まさかこんなことになろうとは…。

生徒たちもこの結果にびっくり。

これまで全国ランキング100位以内に入るだけでキャーキャー言っていましたので、生徒たちは常に100位の校舎の向上得点を気にしていました。

「100位で〇〇点かぁ。うへー。絶対無理ー。」とか言っていました。

そんな子供たちがリーグ全国5位をとりました。高1・2部門ではまぎれもなく1000校舎中10位です。

その結果を知ったほとんどの生徒が口にした言葉…。

 

 

「全国1位は〇〇点かぁ…。」

 

 

努力が結果を生み、成功体験が子供たちを変えていきます。

これまで100位を見ていた生徒が1位を気にしています。

全国1位の校舎の向上得点は全国10位の私たちの2倍です。

全国総合5位以内の校舎からは明らかに大きな壁があるように感じます。

「全国1位〇〇点って異常だろ!絶対無理ー!」

いつものぼやきが始まります。

 

 

山口の田舎の普通の高校の生徒たちが日本一と向き合い始めた瞬間です。

さあ、次は全国制覇。

現在23:54。

今日の最後の生徒は新高1のSばたくん。

「もうすぐ明日になるよ。よく頑張ったね。」と一言声をかけてきます。

みんな、今日も一日おつかれさまでした!

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします