これが躾の手本!!!ごはんを食べてくれない息子に パパが一言! それからの食事が楽しくなった♪♪

私は、ごはんを食べないことを
怒ってくれるのかなぁと内心ニヤニヤ。
 
パパ
『太郎、よくママに
プレゼント作ってあげるよね?』
 
太郎
『うん、今日もね、お花とって
かみでつつんで、あげたの』
 
パパ
『ママ、なんて言った?』
 
太郎
『ママ、うれしいっていった。

そこにかざってあるよ!』

と一輪ざしを指さして。
 
パパ
『じゃあね、ママが
 太郎のプレゼントなんかいらない

こんなお花じゃなくて他のが
 いいって言ったらどんな気持ち?』
 
太郎
『・・・(ショックを受けて)いやだあ』
 
口がへの字に曲がって
まぶたから顔全体が
真っ赤になって涙が溢れてきました。

もともとご機嫌ナナメなことも要因ですが
この会話だけで本気で傷つき
ショックを受ける子供の想像力はすごい。
 
パパ
『ママが毎日作ってくれるご飯はね
 お前へのプレゼントなんだよ。

 太郎が喜んでくれると思って
 嬉しい気持ちで作ってるんだ。

 それは、お前がママのために
 お花をつんでいるときの気持ちと
 同じだね。』
 
太郎
『うん。。(泣いている)』
 
パパ
『ママはね、お前のために
 一生懸命作ったプレゼントを
 いらないって言われて
 毎日自分で捨ててるんだよ。

 どんな気持ちかな。』
  
太郎は大きな声で泣きました。

ごめんなさいママ~
と言いながら、泣きました。
  
主人の言葉。
向かい合う姿勢。
プレゼントという言葉。

全てが、長男に染み込んでいくのが
わかりました。
 
しかし長男は泣きながらこうも言いました。
 
『ママといっしょに
 たべたかったんだもんー
 あちゅまれしてほしいんだもんー』
 
今度はこれが私に刺さりました。
 
正直、毎日の食事では
次男にばかり気を取られていました。

ごはんをこぼすしまき散らすからといって
自分はほとんど座らず片付けてばかり
ゆっくり食べることもなかった。

『お兄ちゃんは
 自分で食べられるから偉いね』

という本意は

『1人でしっかり食べてね』

だったのかもしれない。
 
次男も一緒に食事をするようになってから
そういえば長男は『あちゅまれして』
と言わなくなった。

『あつまれ』とは
お皿に散在しているご飯を
スプーンでかき集めること。

昔はよく言ってたけど
成長したんだなぁ
なんて勝手に思っていました。
 
でも違った。

ママこそ本当にごめんなさい。

ごはんを食べなくなってしまったのには
とても大きな理由があったんだね。

どんなに凝ったご飯より
ママがきみを想って
ちゃんと一緒に食べることが
一番のプレゼントになるんだね。

長男は『あつまれ』をしてほしかったんだ。

3人でいるのに
ひとりぼっちを感じていたんだ。
と気付けたのです。
 
それから私は長男とのご飯が
楽しみになりました。

『ママのぷれじぇんとぜーんぶピカリン
(残さずキレイに食べること)
 しちゃうもんね~』

とはりきってくれています。
 
普段はほとんど家にいない主人ですが
彼もこうして大きなプレゼントをくれます。

家族のことをよく見てくれている
それが本当にありがたいし
一番効果的な育児をしてくれていると思います。

おむつを替えるよりミルクをつくるより、ずっとね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんなパパとっても素敵ですね。

こんな風に躾ができたらいいですね。

怒鳴るのではなく
諭すように息子に語り掛ける!

心がけたいものです。

子どもは怒るよりも叱る。

出典: 感動したらシェア~世界の良い話~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です