第2回炎の肉祭~腹ペコキッズ(宮野校中3生)たちへの思い~

こんばんは!!山口市の学習塾『かわしま進学塾 宮野校』のヒゲです!!

 

 

 

 

 

 

 

本日はKWASHINグループ恒例の中3生卒業旅行で『スペースワールド』に行ってきました!!

 

 

その後、かわしま進学塾宮野校では18:30より『第2回炎の肉祭』を開催いたしました!!!!!

(※スペースワールドの様子は明日(3月14日)のブログでアップする予定です)

 

 

 

 

炎の肉祭の歴史を紐解いてみると、KWASHINグループでは毎年4月初旬に春イベントを行っているのですが(ちなみに今年の春イベントはこちらを予定しています)、彼らが中学校に入学したての頃(今から約3年前)、雨天で春イベントである『BBQ』が中止となってしまったことがもともとの発端です。

 

それ以来、事あるごとに腹ペコキッズ(宮野っ子)たちから恨み節のようにその事を言われ続け、ついに去年の9月中旬

宮野校BBQ大会が開催される運びとなったワケです。

 

その時、彼らの肉に対する積年の思いが『大炎』という形で具現化し、宮野校BBQ大会改め『炎の肉祭』となりました。

しかし、彼らの思いはその1回では解消されることは無く、受験が終わったタイミングで『第2回炎の肉祭』が開催するという約束がいつの間にか取り付けられてしまったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の宮野っ子たちの腹ペコ具合は相当なもので、何とスペースワールドで昼食を取らずこの『第2回炎の肉祭』に備えた猛者までいる始末です!!

 

 

まずは『第2回炎の肉祭』開催を記念してメタルポーズ(メロイックサイン)で一枚・・・

 

 

 

 

 

 

 

(さくら個別のタクさん・・・うちの子たちのデスメタルポーズもなかなかだと思いますが、如何でしょうか・・・彼らの中にマキシマムザホルモンを知るものは一人たりとも居りませんが、今後かれらに布教・・・いや洗脳していく所存です)

 

 

 

彼らの『早く肉を喰わせろ!!!!!』ということを訴えるまなざしが、この写真から十二分に伝わることでしょう・・・

 

 

 

 

 

 

では、『第2回炎の肉祭』の様子をご覧ください・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

炎の達人『鮎川師範代』による見事な肉の焼きぶりです!!しかし腹ペコキッズたちは焼いたそばから、肉を喰らっていきます。いくら『鮎川師範代』が肉を焼き続けようとも彼らの食欲は満たされない・・・いや、ますます食欲が増加するばかりです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は13人の腹ペコキッズたちが参加していますが、この4人が写真でポーズをとっている間に、この写真に写っていない腹ペコキッズたちにどんどん肉が食べられてしまいます・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの写真は何回か『写真をとるからこっち向いて~』と呼びかけたのですが、肉を喰らうのに必死である腹ペコキッズたちにとっては、肉の焼ける音以外は耳に入りません!!(若干1名が我々に気を使って目線をくれました!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『鮎川師範代』の肉を焼くペースに業を煮やした腹ペコキッズの一人が『炎の支配人』へと成長した瞬間です!!

日頃行っているBBQと比べ特に変わったことをしてないのですが、何故か彼らとBBQをするとこのような『大炎』になってしまいます。上でも述べましたが彼らの肉に対する強い思いが、ご覧になっている皆様にもきっと伝わるのではないでしょうか・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

他にも写真は沢山とっているのですが基本的には一心不乱に肉を食す腹ペコキッズたちの様子という全く変わり映えのない写真ばかりですので、ここには掲載いたしません・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PM21:00・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに『第2回炎の肉祭』に終焉が訪れました。こちらが用意した食材を全てたいらげた腹ペコキッズたちを今回も何とか『満腹』にさせることに成功しました。

 

ただ、僕が終焉の宣言するや否や、『第3回』の約束をとりつけられてしまったのです。その頃には腹ペコキッズ達は高校生・・・男子高校生の食欲の凄さを想像するだけで・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで本日のBBQの様子を若干?の脚色を加えながらお届けいたしました。(手伝ってくれた鮎川君、奥村君、井上君、アリガトーーーーー!!!!!!!!!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

振り返ってみると、彼らの中には小学校3年生から宮野校に通ってくれている子もいます。(ちなみにその子の叔父さんもKAWASHIN生でした!!)

 

 

ここまでで、長い子で6年、短い子で3か月の付き合いです。

 

 

 

 

 

 

数ある塾の中から『かわしま進学塾宮野校』の門を叩いてくれた彼らに対して、

 

 

 

 

 

そして彼らといろんな時間を共有できたことや、

 

 

 

 

僕たちの授業を一生懸命受けてくれたことに対して、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は感謝の言葉しかありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

願わくば、

 

 

 

 

明後日(3月15日)、公立入試の合格発表で彼らの受験番号が全員分載っていることを・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今後も彼らとの関係が変わらずに続いていくことを・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です