楽しい夏休みも終わり、
新しい学期が始まる。

新しいスタートでウキウキしている
子どももいれば、

様々な悩みを抱え苦しんでいる
子どももいます。

9月1日は、一年で一番自殺が多い日です。

毎年100人以上の子どもが
亡くなっているそうです。

今回は、「#学校がしんどい君へ
というテーマで漫画を募集された企画で、
入賞した作品を紹介します。

学校がしんどい君へ

「不登校の自分を否定してあげないでほしい。
1番自分を守れるのは、自分だから」

そう語るのは、「学校がしんどい君へ」
という漫画を投稿した、奈良県在住の
りゃこさんです。

「かっぱ」が主人公の作品は、
不登校だったりゃこさんの体験が
もとになっています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ある日、
風邪で学校を休んだことをきっかけに
「何かがはじけてしまった」と話します。

「もう頑張れない」

学校に行こうとすると、頭が痛くなったり、
トイレが近くなったり。

親に車で学校に送ってもらうも、
車から降りられない。

迎えに来た先生に半ば無理やり連れ出され、
泣きながら見た景色が鮮明に思い出されます。

「誰もわかってくれない心細さ、不安……、
 ふとしたときに思い出すと泣きそうになります」

「ダメなことをしているという意識がずっとあった」

というりゃこさん。

主人公を「かっぱ」にしたのも、
「人間で描くと、当時のことがリアルによみがえってきてしまうから」。

大人になっても不登校の頃の罪悪感が、
心に影を落としていました。

転機は2年ほど前、
子どもの頃からお世話になっている
カウンセラーの言葉だったといいます。

「これまでの、昔の自分も大切にしてあげてね」

すぐにカウンセラーの言葉を受け入れられた
訳ではありませんでした。

でも少しずつ、学校に行かなかったことを
「自分を守るための行動だったんだ」と、
思えるようになったといいます。

「学校に行き続けていたら、更に追いつめられて、もしかしたら死んでたかもしれない。幼いながらに自分を守ろうと頑張っていた自分を、『大丈夫だよ』と包みこんであげたい、と思うようになりました」

当時の自分を慈しむように、
りゃこさんは話してくれたそうです。

漫画「学校がしんどい君へ」の最後では、
大人になったかっぱが現れ

「辛かったね 心細かったよねぇ」と、
子どものかっぱを優しく抱き寄せます。

幼いかっぱはぽろぽろと
涙を流すのでした。

経験を漫画にすることが、
心の整理になるといいます。

「当時のさみしさが浄化されるような、昔の自分を救うような気持ちで描いています」

と、少しはにかみながら
話してくれたそうです。

入賞の連絡に

「自分の気持ちが他の人の心にどう映るのか、
 ドキドキしていました」

という、りゃこさん。

「不登校の子に、自分だけじゃない、って思ってもらえたらいいなと思います。『学校に行きたくない』という気持ちは、自分を守ろうとしてるのだから、どうか自分を責めないで。自分のことを一番ケアしてあげられるのも、自分だから」

出典元:corkbooks.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実際に不登校の時期を経験した人からの
メッセージは心に届くかもしれません。

心の痛みはひとりひとり違うかもしれません。
無理をして最悪の結果を招くこともあります。

親として大切な子どもを守るために、
一緒に話す時間、一緒に過ごす時間を
大切にしたいものです。

この記事がそんな悩みを抱えている家庭の
一助になれば嬉しいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします