2018年7月14日から16日の
3連休は記録的な猛暑でした。

最終日の16日も東北から九州にかけて
高気圧に覆われ、各地で厳しい暑さが続きました。

岐阜県揖斐川町では、その年最高となる
39.3度を記録しました。

共同通信の集計では、熱中症とみられる症状
の救急搬送は全国で2020人に上り、

新潟、愛知、静岡、三重の各県で5人が
死亡しました。

3連休では計5616人が搬送され、
搬送当日に亡くなったのは14人でした。

今回は、
熱中症になったり、その疑いがあるときの応急処置
について、

雲研究者.気象庁気象研究所研究官の
荒木健太郎さんがTwitterで注意喚起を
されていたので紹介します。

熱中症の応急処置

高齢者に関して

子ども・幼児に関して

運動・仕事前のチャック項目

熱中症に関して、より多くの方が
事前に適切な知識と準備をし、
注意喚起し合うだけでも
被害は防げますので伝えてください。

ぜひ、シェアして拡散おねがしいます。

【売れてます!】
これからの熱中症対策に活用ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします