西日本に未曾有の被害をもたらした豪雨。

連日メディアの報道を目の当たりにすると、
何かしてあげたい衝動に駆られることでしょう。

自分も何か役に立ちたい・・

その温かい心は大変ありがたいことですが、
果たしてそれは本当に被災地の方々が
望んでいるものなのでしょうか?

せっかくの支援物資が妨げになることも

熊本地震や東日本大震災を経験した方々のツイート

熊本大地震のときも被災した友人から
物資を運ぶ車で大渋滞で移動に困っている
という話を聞きました。

物資を運んでくる車も夜間に来たら、
街灯がつかないので道が見えなくて、
陥没した道などがあり危険。

もちろん、カーナビは通行止めが多くて
役に立たないので日頃見たこともない
地図を広げて目的地を探す。

などなど。

一般の人では対処できないことも多く、
逆に迷惑になることも多かったそうです。

ちなみに、
わたしは九州新幹線が復旧するまで待って、
復旧したその日に物資を運びました。

この投稿への反応

今は物資よりも、信頼できる団体を通じて、
募金」すること。

お金で済ますって、
気が引けるかもしれませんが、
やっぱりそれが一番なのかもしれません。

わたしたちができる最善の支援とは・・・

こんな意見もあります。
次のページで紹介します。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします