2018年6月18日に、大阪府北部で発生した
震度6弱の地震。

その時に阪急電鉄が対応した乗客の避難方法に
Twitterで称賛の声が多く寄せられていたので
紹介します。

実際にその場に居合わせていた投稿者が
撮影した避難している様子がこちらです。



なんと、車内の座席シートを取り外し、
乗客が安全に降りれるように、
座席シートを滑り台のようにしたようです。

ハシゴを取りに行く手間もなく、
安定感もあって安心して降りられそう。

緊急時には、この方法は素晴らしいですね!

しかも、阪急電鉄さんは
今回のような地震などを想定して以前から
座席シートを取り外せるようしていて
日ごろから、避難訓練も行っているようです。

この方法は阪神・淡路大震災のときにも
活躍したこの方法。

阪急電鉄の発想と対応の素晴らしさに
称賛の拍手を送りたいですね。

まだまだ、油断せず、余震には
しっかり注意を払いましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします