山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」のおさむです。

2週間ぶりのおさむトピックスの日ですよー。
 
 
さて、今日は約30年後に確実にくると言われている、2045年問題について考えていきましょう。
 
 
皆さんは『シンギュラリティ』という言葉をご存知でしょうか。
日本語で言うと『技術的特異点』といいます。
 
ざっくり分かりやすくいうと、2045年にAI(人工知能)が人間の知能を完全に追い抜いちゃって、
そのAIがもっと優秀なAIを開発し、その優秀なAIがもっと優秀なAIを開発し、とにかくAIはひたすら優秀なAIを開発し続けるみたいな…。
 
それは人類の歴史にある、のんびりとした工業・技術の発達とはわけが違います。
AIは超かしこいわけですから、指数関数的にAIは勝手に発達していきます。
 
 

 
 
さきほどざっくりわかりやすく、2045年にAIが人間を凌駕する年と説明しましたが、実はこれは正確ではありません。
AIがはじめて人間の知能を追い抜くのは2029年と予測されています。
 
 
じゃあ、2045年問題の本質とはどのようなものなのか。
わたしたち人間は、その運命の日を迎えるにあたりどんな準備をするべきなのか。
 
 
次のページをご覧ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします