もし、あなたが時間の使い方に悩んだとき
思い出してほしいお話があります。

それは、哲学の授業で教授が話した、
『マヨネーズ瓶と2杯のコーヒー』
のお話です。

それでは、マヨネーズ瓶と2杯のコーヒー
についてご覧ください。

マヨネーズ瓶と2杯のコーヒー

こちらが、マヨネーズ瓶と2杯のコーヒー
について教授が話した全文です。


※アメリカでは上の画像のような瓶にマヨネーズは入っています

哲学の授業が始まる前に、
1人の教授があるものを持って教壇に立った。

授業が始まると、彼は黙ったまま、
非常に大きな空のマヨネーズの瓶を手に取り
その中に「ゴルフボール」を一杯になるまで
詰め込みました。

そして彼は生徒たちに

「この瓶は一杯ですか?」と尋ねました。

生徒たちは「一杯だ」と答えました。

次に教授は「小石」の入った箱を取り出し、
それらを瓶注ぎ込みました。

彼は瓶を軽く振り、小石はゴルフボールの
間にある隙間を埋めていきました。

彼はまた生徒たちに

「この瓶は一杯ですか?」と尋ねました。

生徒たちは再び「一杯だ」と答えました。

次に教授は「砂」の入った箱を取り出し、
それらを瓶へ注ぎ込みました。

その砂は予想通り、
ビンの中のすき間を埋めました。

彼は再び生徒たちに

「この瓶は一杯ですか?」と尋ね、

学生たちはみんな「はい」と答えました。

次に教授はテーブルの下から
2つのカップに入ったコーヒー」を取りだし、
砂と砂のすき間を埋めるように
そのコーヒーを瓶へ注ぎ込んでいきました。

生徒たちは笑いました。

「さて」

教授のこの言葉に、
生徒たちの笑いが止まりました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします