こんにちは!山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」の奥村です。

先日からKAWASHINグループではSuccess Learningが本格的に始まりました!

Success Learning(サクラ)とは、「成功のための学び」のことであり、

これを通じ、自分の夢や目標を漠然とでなく、できる限り鮮明に、身近に感じてもらいたいと僕は思っています!

今日はそんな大内校の授業風景をお伝えします。

 

小学生たち

書いては書き直し、そしてまた「さっきのほうが良かったかも」と試行錯誤していました。

将来の夢が小学生当時「スパイダーマン」だった僕にとって、きちんとした将来の夢を書いている

大内校小学生たちには頭が上がりません・・・

 

中学生たち

画像は中学2年生です。

受験が身近に感じられている子もいれば、まだまだ先のことだと思っている子もいる学年です。

今回のことをきっかけに、自分はこれから何をするべきか考えてくれていたらうれしいです。

 

ある生徒には見られたくなかったのか、手で隠されてしまいました。(笑)

 

心の奥底の夢であるからこそ、隠しておきたい、秘密にしておきたい気持ちはとても分かります。

恥ずかしいけれど、言葉にして、自分自身の心と意思疎通を図る。

とても大事なことだと思います。

いつかこの生徒が胸をはり、笑顔でその夢を教えてくれるよう、夢が叶うよう、全力で応援していこうと思いました。

 

今回のこのワークでは、僕は周囲の人の存在を強く意識してもらえるよう心掛けました。

結果がどうであれ、独力では何も成せません。

 

「自分の目標が達成できると、周りの人にどんないい影響を与えることができるか?」

小中学生たちには難問だったと思います。

 

逆に言えば、「周りの人を笑顔にするために、自分は何をするべきか?」

僕にとっては、あったようでなかった視点からの考え方でした。

一緒にいろいろ考えることのできる、とっても良い時間です。

 

この気持ちを忘れずに精進していきたいと思います。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします