ところが、それから間もなくして
クリスマスイブの社内パーティで、
おばちゃんは突然、パーティーに
参加するようにと内線電話で
呼ばれました。

仕事中だし、
他の掃除のおばちゃんたちもいるし
と断ると、しばらくして
また内線がかかってきました。

「おばちゃんたち全員、参加してください、ビル・ゲイツ社長からの直々の依頼です」

というのでした。

やむなくおばちゃんは、
当日出社していたおばちゃんたち
全員を呼び、みんなでパーティ会場に
行きました。

おしゃれなんてしていません。

普段の作業衣のままです。

こわごわと会場に入って行くと、
そこにはたくさんの社員さんが
いました。

ビル・ゲイツさんもいました。

普通の社員さんだって、
ビル・ゲイツさんと直接会話なんて、
なかなかできません。

そのビル・ゲイツさんが、
おばちゃんを見つけると、
とっても嬉しそうな顔をして、
よく来てくださいました!

と、おばちゃんを抱きかかえんばかり
に歓迎しました。

そしてみんなにも、
このおばちゃんは、すごい日本人で、
自分が大好きな人です
と紹介してくれました。

一緒にいた他の掃除のおばちゃんたち
にも、ビル・ゲイツさんが

単なるおべんちゃらではなく、
本気でこのおばちゃんを尊敬し、
親しみを込めていることが
わかったそうです。

それほどまでにビル・ゲイツさんは
おばちゃんを歓迎しました。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー 
この話を聞いて、とても感動しました。

掃除のおばちゃんたちというのは、
会社の中ではいわば日陰の人です。

トイレで出会っても、
廊下ですれ違っても、
その存在自体が意識すらされません。

けれど、ビル・ゲイツさんは、
どんなに汚い仕事でも、
どんなに辛くても、
何十年でもそれを誠実に行い、

しかも
「ヒゲソーリー」というくらい、
ユーモアとウイットを忘れず、
堂々と自らの仕事に精を出す。

そんな、本来の日本人の典型を、
彼女の中に見いだしたのでは
ないかと思います。

作務衣を着て、日本が大好きな
ビル・ゲイツさんには、

彼女が誠実に
毎日の清掃をしていること

自分の仕事に
誇りを持って生きていること、

そして彼女が胸を張って
堂々と生きていることを、
瞬間に見抜いたのだと思います。

だからこそ彼の心の中に、
彼女への尊敬の念がわき起こり、
トイレであった小さな事件を忘れず、
パーティに全員を招待したのだと思います。

世界を知る大人物のビル・ゲイツさん
が、日本でただひとりの信頼できる
友人とまで称したこのおばちゃん。

同じ歳の旦那さんは、
ある会社の経理をしていて、
定年後もその手腕を買われて
会社に残り、たいへんな高級を
とっておいでの方です。

つまり、彼女は、別に働かなくたって、
十分、ご飯を食べていけるだけの
収入があります。

けれど彼女は言います。

「働かないと体がなまるし、働くことで毎日、人様のお役に立てれることがとっても嬉しいのです」

他者を思いやる心。

日本人が受け継ぐべき
素晴らしい一面ですね。

出典元:iinee-news.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします