世界一の億万長者であり、
世界的大企業のマイクロソフト社の
会長でもあるビルゲイツさん。

そんな彼と対等に話­すことが出来る
日本人のおばちゃん清掃員がいます。

その女性は、昭和14年のお生まれ。

彼女は、中卒で掃除のおばちゃんを
しています。

しかし、彼女は、ビル・ゲイツさんと
対等に話せ、パーティーに招待される
友人でもあります。
 
 
 
彼女は、幼いころ
ご両親を亡くされました。

だから、中学を卒業した彼女は、
すぐに働きにでなければなりませんでした。

関西で育った彼女は、
地元の大手百貨店に就職のための
面接を受けに行きました。

けれど面接官の人は、
彼女が孤児であることから、
最初から冷たい態度でした。

自分を受け入れてもらえることはない
と確信した彼女は、

「私のような者に働き口を提供するのも、あなたがたの仕事なのではありませんか?

 これで失礼します」

と、席を立ちました。

自分ではどうすることもできないこと
で、自分が評価され、見下される。

14歳の彼女は、辛くて、悲しくて、
涙が止まらなかったそうです。

いまから60年以上も昔の出来事です。

彼女は、結婚し、一児をもうけ、
家計のためにと働きに出ました。

仕事は、掃除のおばちゃんでした。

出勤は早朝、時間は不定期で、
土日も出社。

帰宅が極端に遅くなる日もありました。

けれど、彼女は一生懸命仕事をして、
いつしかマイクロソフト日本支社の
ビルの清掃責任者となりました。

30名余の部下を使い、
みずからも清掃を行いました。

ある日のことです。

男子トイレの掃除を終え、清掃道具を
持ってそこから出ようとしたとき、

背の高い外人と入り口で
ぶつかりそうになりました。

その外人さんは、
「 I’m sorry」と言いました。

おばちゃんは、おもわず
「ヒゲ、ソーリー」と答えました。

日本語のわかるその外人さんは、
笑いながら、自分のあごの周りを
撫でるふりをしながら

「ひげ剃り?」と笑いました。

おばちゃんも笑いました。

その外人さんが、
ビル・ゲイツさんでした。

大の日本好きであるビル・ゲイツさん
は、マイクロソフト社の中で、いつも
日本の作務衣を着ているそうです。

他の社員さんたちは、
重役も平社員も、みんな背広に
ネクタイです。

ビルの中で、ビル・ゲイツさん
ひとりが作務衣を着ています。

そしてどこに行くにも、常に
ビル・ゲイツさんには、二名の
ボディガードがついています。

トイレに行くときは、ボディガードは
トイレの入り口前に立ちます。

だから、ビル・ゲイツさんは、
ひとりでトイレのドアを
開けて入って来たのです。

ほんの、ひとこと二言の会話でした。

トイレで鉢合わせし、ヒゲソーリーと
冗談を言ったなどというのは、

誰でもすぐに忘れてしまうような、
ほんの些細なできごとです。

間もなくして、
驚くべきことが起こります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします