身体障がい者用駐車場に平気で、
健常者が駐車してしまう日本。

利用証があっても使えない現実。

歩行困難な障害者のために設けられた
「障がい者専用駐車場」で、

実際に利用している人の8割は
健常者とみられることが

障がい者団体が千葉県内で行った
過去の調査で分かりました。

合計利用台数1528台のうち
「適正利用」と確認されたのは
わずか約18・3%の279台でした。
 
ある市役所では、
隣接する商業施設に行く人が
利用していたケースもあり、

健常者が安易に利用している
実態が浮かび上がりました。

なんともむなしい現実です。

日本では、身障者用の駐車スペースが
空いていること自体がめずらしい。

店の入り口のすぐ近くに、
身障者用の駐車スペースがあるため、
空いていれば、健常者が
平気で停めている。

法律で規制されているわけでもなく、
罰金がとられるわけでもないので、

「空いているんだから、停めてもいいでしょ!」

という気持ちが
多くの人にあるようです。

そんな考えが蔓延しているは事実。
 
その中で、このような問答が
ネットで話題となっていたので
紹介します。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします