こんにちは。山口市内にある学習塾、小さな学び舎たかおか塾の高岡です。

小学校・中学校・高校、そして大学と、卒業式シーズンです。卒業式といえば、皆さんそれぞれに色々な思いでがあるでしょう。

卒業式の定番ソングである「仰げば尊し」や「旅立ちの日に」が流れると、あの頃の思い出が思い出されます。

そんな名曲である「旅立ちの日に」の誕生には、ある魂震えるエピソードがあったのです。

以下、ウィキペディア参照。

埼玉県にある影森中学校の校長だった小嶋は当時、荒れていた学校を矯正するため「歌声の響く学校」にすることを目指し、合唱の機会を増やした。最初こそ生徒は抵抗したが、音楽科教諭の坂本と共に粘り強く努力を続けた結果、歌う楽しさによって学校は明るくなった。

「歌声の響く学校」を目指して3年目の1991年2月下旬、坂本は「歌声の響く学校」の集大成として、「卒業する生徒たちのために、何か記念になる、世界にひとつしかないものを残したい‼︎」との思いから、作詞を小嶋に依頼した。

その時は「私にはそんなセンスはないから」と断られたが、翌日、坂本のデスクに書き上げられた詞が置いてあった。その詞を見た坂本は、なんて素適な言葉が散りばめられているんだと感激した。

その後、授業の空き時間に早速ひとり音楽室にこもり、楽曲制作に取り組むと、旋律が湧き出るように思い浮かび、実際の楽曲制作に要した時間は15分程度だったという。

出来上がった曲は最初はたった1度きり、「3年生を送る会」で教職員たちから卒業生に向けて歌うためのサプライズのはずであったが、その翌年からは生徒たちが歌うようになった。

それ以後しばらくは影森中学校だけで歌われた合唱曲であったが、次第にまわりの小中学校でも歌われるようになった。次第に雑誌『教育音楽』に取り上げられたことで、1998年頃までに全国の学校で歌われるようになった。

さらには、小中高の卒業式で定番のように歌われていた『仰げば尊し』や『巣立ちの歌』、『贈る言葉』などに代わり、全国で最も広く歌われる卒業式の歌となった。

いかがでしたか?

歌を通して学校を明るくしたいという優しい先生の想いから生まれた歌だったんですね。

歌には人を変える力、心を動かす力があるといいますが、まさに歌で子供たちの未来・学校の未来を変えていったのでしょう。

 

 

~たかおか塾のLINE@始めました!!~

KAWASHINの新着ニュースやお得な情報を配信予定です。

ぜひたかおか塾のLINE@にご登録ください✨

 

Add Friend

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします