「天国のあなたへ」

娘を背に日の丸の小旗を振って
あなたを見送ってから
もう半世紀がすぎてしまいました。

たくましいあなたの腕に抱かれたのは
ほんのつかの間でした。

三十二歳で英霊となって
天国に行ってしまったあなたは
今どうしていますか。

私も宇宙船に乗って
あなたのおそばに行きたい。

あなたは三十二歳の青年、
私は傘寿を迎えている年です。

おそばに行った時
おまえはどこの人だ
なんて言わないでね。

よく来たと言って
あの頃のように寄り添って
座らせてくださいね。

お逢いしたら娘夫婦のこと孫のこと
またすぎし日のあれこれを話し
思いきり甘えてみたい。

あなたは優しくそうかそうかと
うなずきながら慰め、
よくがんばったとほめてくださいね。

そしてそちらの「きみまち坂」に
つれていってもらいたい。

春のあでやかな桜花、
夏なまめかしい新緑、
秋ようえんなもみじ、
冬清らかな雪模様など、

四季のうつろいの中を
二人手をつないで歩いてみたい。

私はお別れしてからずっと
あなたを思いつづけ
愛情を支えにして
生きてまいりました。

もう一度あなたの腕に抱かれて
ねむりたいものです。

力いっぱい抱き締めて
絶対はなさないで下さいね。

柳原タケ

どうですか?

とても愛らしく、
それでいて、その背景を知るだけに
涙がこぼれてきませんか。

時代を経ても色あせない心…。

それは好きな人を想う
女心でしょうか。

時を重ね、自分も間もなく
そちらへ旅立とうとしている女心は、

死への恐怖などなく、愛する人と
再会できる喜びさえ感じます。
 
タケさんは96歳で天寿を
全うしました。

宇宙船に乗って愛する夫の元へ
旅立ちました。

きっと今頃、天国のご主人と
「きみさか町」で手をつなぎ、

四季折々の公園デートを
楽しんでいるのでしょうか?

出典元:iinee-news.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします