日本航空123便墜落事故で、さんまは死んでいた?!

日本航空JAL123便墜落事故とは、
1985年8月12日に起きた
単独機としては世界最悪の犠牲者数を
出した航空機墜落事故である。

その数は520名に及ぶ。

さんまは当日、東京のフジテレビで
「オレたちひょうきん族」の収録後

当便で大阪へ移動し
毎日放送「ヤングタウン」
に出演予定であった。

だがたまたま「ひょうきん」の収録が
予定よりも早く終わったために
123便をキャンセルし
ひとつ前のANA35便と推測される便で
大阪に向かい難を逃れた。

さんまは事故当日の生放送の
ラジオレギュラー番組では
言葉を失うほどのショックを受け
番組をこの事故の報道特番に
切り替えた。

さんまはこの事故をきっかけに
新幹線で行ける範疇の場所
(東京~大阪の往復など)へは
飛行機ではなく新幹線を
利用するようになる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

さんまさんにそんな辛い過去が
あったことを初めて知り
本当に強い人だと思いました。

さんまさんのあのパワフルな生き方は
亡くなった方々の分、
力強く生きているからなんですね。

出典元:iinee-news.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします