こんにちは!! 山口市・宇部市の学習塾『かわしま進学塾』の奥村です。

僕は大学時代、心理学でこんなことを学びました。

講義の中で教授が話してくれた、○○してよかったのかという

「後悔」についてのお話です。

『プロスペクト理論』という考え方があります。

至極簡単に言うと、「価値が高くなるほど人間は感じ方が鈍くなる」というものです。

例えば、①「1万円もらえる」と②「2万円もらえる」なら

皆さん②を選ぶのではないでしょうか。

では、「1兆円もらえる」と「1兆1万円」ならどうでしょう?

どっちでもいいから欲しい!と思いませんでしたか?

つまり、プラスの価値は多ければ多いほどよいというわけではないのです。

メインのお話はここからです。

人間とは面白いもので、マイナスになるととても敏感になってしまうのです。

例を挙げると、もらった1万円をその日のうちになくして(落として)しまったとします。

皆さんは、「もらったものだし、まぁいいか。」と考えることはできますか?

おそらく、「なくさなかったら○○が買えてたのに!くやしい!」と思うのではないでしょうか。

このように、1万円得た喜びよりも、1万円失った悲しみは『同じ1万円』であるのに、

失った=マイナスの方に人は大きく動揺するのです。

人が岐路にたち、何かを選択するときに迷ってしまうのは、比べているモノが

同じ価値だから迷うのです。

明らかに片方が勝っていると迷いませんよね。

ここで、どちらかを選択するということは、「片方の選択肢を捨てる」ということとイコールです。

同じ価値の場合、プラスよりもマイナスの方に人間は敏感に反応するのです。

人は何らかの決断をしたとき必ず後悔するようできている。

当時、この話をきいて衝撃をうけました。

つまり、「あっちを選んでおけばよかった・・・」なんて思っている人は

「後悔するのが普通なんだ、みんな同じように悩んでいるんだ」と考えることが重要なんです。

後悔をさけるためには、何も選択しなければよいですが、

それはそれで「あのときにちゃんと決めておけば・・・」と後悔することもあります。

今まさに受験直前で、この高校でよかったのか、自分がやりたいことはこれであっているのか

という悩みに直面している生徒も多いと思います。

どうせ後悔するならば、「自分でしっかりと納得するまで考えて決める」ことが大事です。

生徒の皆さんは、自分の目標に向かって日々を過ごしていることと思います。

そのなかで、後悔や迷いが出てくることは避けられません。

長い人生のなか、「やり直したい」と思うこともあるでしょう。

ですが、やり直す必要なんかないのです。

君たちの決めた目標・夢なら、しっかりと考えて選んだ選択なら、それは決して間違ってないのですよ!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします