子育て中にスマホをいじってしまう。

特に、若いママは、子どもの頃から
常に近くにスマホがあり、依存して
しまっている人も少なくないと
思います。

よく、育児って大変!って聞きますが
そんな大変なときにでもLINEは返して
いたり、Facebookやインスタは、
チェックしているものです。

子どもたちは遊びに夢中だからと油断
して、私たちはついついスマホの画面
に目線を移してしまいます。

でも実は、あなたがスマホいじりを
している間も、子どもたちは、あなた
に頻繁に視線を送り、

大事なメッセージを伝えようと
しているのかもしれません。

「スマホの使用を一旦止めて、実際に子どもたちが遊んでいる様子を観察してみよう」

ある日、ふとそう思い立ったのは、
カリフォルニア在住の双子の男の子
のお母さん、ブランディ・ウッド
さんです。

彼女は、息子たちが遊んでいる間、
子どもが自分の方に何回視線を
送ったかをカウントし始めました。

すると驚くべきことに、気が付きます。

遊んでいる間はこちらを気にすること
はないだろうと思い込んでいた子ども
たちが、その短期間に28回も、

ブランディさんの方を見ていたことが
わかったのです!

「今のカッコいい技見てくれていた?」

「これ、やっても大丈夫かな?」

「僕のこと、どんな風に見てるんだろう?」

「お母さん!」

ブランディさんの子どもたちは、
実にさまざまな理由で母親に視線を
送っていたそうです。

もし、その視線が全部一方通行だったら…。

その視線にスマホを見て、
ぼーっとしている親が写ったら…。

この事実を知ったブランディさんは、
子どもを持つすべての親に向けて、
子どもの前でスマホを使うことに
警鐘を鳴らしました。

「本当の自分ではなく、他人が認識している人物像が自分として認められるこの世界。どれだけフォロワーがいるか、どれだけ『いいね!』がついたかが大切なこの世界。愛する人との大切な時間が、テキストメッセージに取って代わられるこの世界。でも、お願いだから、あなたには変わってもらいたい。」

「スマホをしまい、その代わりに、家族や愛する人たちと一緒に過ごして。じゃなきゃ、誰があなたを見ているのか、あなたにどんなことを伝えようとしているのか、ちっとも分からないの。」。」

ブランディさんのFacebookの投稿は、
8万回以上シェアされました。

「この投稿を読んでから、毎日助けられているわ」

そんなコメントも寄せられました。

スマホでのメール、インターネットや
ゲーム…。

確かに、それはとても楽しい娯楽の
時間で大切な息抜きかもしれません。

大人同士のお付き合いも
あるかもしれません。

でも、子どもを愛するパパやママに
とって、子どもと過ごす時間は、
今だけしかない、かけがえのない
貴重なモノのはずです。

そして同時にそれは、子どもたちに
とっても、一生の財産となる大切な
時間です。

スマホが身近になった今こそ、
テクノロジーとの正しい距離感を
もう一度考え直してみたいものですね。

出典元:buzzmag.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします