山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」の野上です 🙂  🙂

今日は石川県で実際にあった、受験にまつわる素敵なエピソードをご紹介します。

それは、大切な試験を翌日に控えた、中学三年生の女子生徒と母親の

「最後まで絶対に諦めない!」という想いが起こした“奇跡”とも言える出来事です。

 

この奇跡の舞台となった、日本航空高等学校石川校の校長:浅川 正人さんのブログから、原文のままご紹介します。

 

「受験生間に合った」「新潟 – 輪島トラック善意の夜通し運転」

女子生徒は1月17日午前9時10分開始の試験に向け、母親と共に前日埼玉県内から電車を乗り継ぎ、輪島市へ向かった。

ところが新潟県長岡市で、大雪により電車が止まった。

試験に間に合わないと判断した2人は17日午前0時過ぎ、ヒッチハイクを決意。

通りかかったトラックに上越市まで乗せてもらい、同市内の給油所で必死に石川方面に向かう車を探したところ、

山形県内の運送会社のトラック運転手が快諾してくれた。

「金沢市まで」との約束だったが、運転手は同市に近づくと「よし、輪島まで行っちゃる」とハンドルを切り、

試験開始の約10分前に女子生徒を乗せたトラックが学校に到着した。

事前の電話連絡により「欠席」と見なしていた教職員が驚き、運転手に名前や行き先などを尋ねたが

「うちの娘も受験生だから気持ちは分かる」と控えめに語り、何も告げずに立ち去ったという。

試験で女子生徒が臨んだ作文のテーマは「私が感動したこと」。

迷うことなく女子生徒は、直前まで起こった「感動」をありのまま書き記した。

深夜に見ず知らずの親子を運んだ運転手の暖かさ、

「絶対にあきらめない」と懸命に車を探してくれた母を通して「人の優しさに感動した」とつづった。

 

作文を読んだ浅川正人校長は、「運転手の善意に感謝でいっぱい。簡単にあきらめなかった生徒も立派」と目を細めた。

女子生徒には21日、合格通知が届けられた。

 

いかがでしょうか?

最後の最後まで諦めずに、ベストを尽くすことの重要性が伝わってくると思います。

その少女はその後・・・

 

これから入試に臨む受験生の皆さんは、試験まで少しの時間も大切に。

一生懸命学習に取り組んで、身に付けてきた実力をしっかりと発揮できるように、最後まで頑張りましょう!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします