「ANZEN漫才」の”みやぞん”さんが、
テレビ番組で、彼の母親のことを話し
話題になっているので紹介します。

みやぞんの子どもの頃

みやぞんさんは、中学時代にはすでに
身体能力が秀でていました。

テニス部に入部し、ほどなく先輩と
試合をして負かすばかりか、テニス歴
10年の顧問の先生にも勝ちました。

先生が、

「教え子に負けたのは初めてだよ、なんでお前はそんなにうまいんだ」

と兜を脱いだところ、彼はラケットを
高々と掲げて、

「天性だっ」

と答えました。。

するとその後、2歩歩くと足の骨が
折れてしまったそうです。

足首が逆を向く複雑骨折でしたが原因
は分かりません。

みやぞんさんは当時を回想し、

「調子に乗りましたね。それからそういうことを言うのを止めようと思いました」

と明かしました。

骨折が原因で、しばらく自宅から
出れなかったみやぞんは、母親が、
置いていたギターを未経験ながら
手に取って弾いてみました。

すると、その音を聞きつけた母親が

「上手じゃない!かっこいい!」

と褒めてくれ、やる気になった彼は、
テレビでミュージシャンがギターを
弾くのを見て、独学でマスター
しました。

そのように、みやぞんさんの母親は、
前向きな発想で彼の才能を伸ばしました。

みやぞんの母親の『プラス思考になる教え』

みやぞんさんは5人兄弟の末っ子です。

母親は早くに離婚して、彼らを女手
ひとつで育てました。

みやぞんさんも物心がつくと家計が、
厳しいとは気づいたいました。

姉がペットの代わりに箱のなかに、
ネジを置いて「ランラン」と名づけて
可愛がっていたのを見たときは、

「これはきっと貧しいな」

と肌身で感じたそうです。

それでも笑顔を絶やさぬ母親のおかげ
で家族はいつも楽しく過ごせました。

たとえば、みやぞんさんの誕生日に
母親は、

「今日はお母さん作っちゃった!」

と大皿に山盛りとなった“ほうれん草
のおひたし”にローソクをたて、
バースデーケーキ代わりにして

「特別な日だからいっぱい食べてね」

とお祝いしてくれ、子どもたちも
喜んで思う存分ほうれん草を食べました。

番組がみやぞんさんの母親に依頼した
アンケートでは、子育てについて

「母子家庭で生活するのもやっとでしたが、子どもたちを喜ばせるためにいろいろ工夫しました。考え方ひとつで悪いことも楽しいことに変わる、そんな風にプラス思考で、家の中が明るくなるように心がけました」

と答えていました。

例えば、みやぞんさんが国語のテスト
で0点をとって落ち込んでいると、
母親は、

「0点か~、大丈夫! 元気で楽しく生きてくれればそれだけでいいんだからね!」

と励ましてました。

みやぞんさんによると、成績のことで
怒ることはなく、

「お母ちゃんあんたのことを信じてるよ、私が産んだ子やもん」

が口癖だったどうです。

そんな風に、母親に育てられたことで
みやぞんさんもプラス思考になり、

「今まで失敗がない、全部成功だと思ってるから」

と前向きになれたそうです。

お笑い芸人として活躍する今も、

「楽しく生きることが恩返しだと思っている。返せませんから恩なんて、凄すぎてうちのお母ちゃん、返せっこないですよ」

と母親の偉大さを実感しており、

「そのおかげで今がある。楽しいよと、幸せそうにしていることが一番の恩返しだと思ってる」

と語っていました。

出典元:ネタりか
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

みやぞんさんのみんなに愛される性格
は、母親の子どもの頃の教えが大きく
影響を与えているようですね。

「今まで失敗がない、全部成功だと思ってるから」

ここまで、思い込めるみやぞんさんは
凄いですね!!

子どもの頃から、ポジティブな言葉で
接し続けることって大切ですね!!