ごめんなさいね おかあさん
ごめんなさいね おかあさん
ぼくが生まれて ごめんなさい
ぼくを背負う かあさんの
細いうなじに ぼくは言う
ぼくさえ 生まれてなかったら
かあさんの しらがもなかったろうね
大きくなった このぼくを
背負って歩く 悲しさも
「かたわの子だね」とふりかえる
つめたい視線に 泣くことも
ぼくさえ 生まれなかったら

この詩の作者は山田康文くん。

生まれた時から全身が不自由で
書くことも話すことも出来ない。
養護学校の向野先生が康文くんを抱きしめ
投げかける言葉が康文くんのいいたい言葉の場合は
ウインクでイエス、ノーの時は康文くんが舌を出す。

出だしの「ごめんなさいね おかあさん」
だけで1ヶ月かかったという。

気の遠くなるような作業を経て、
この詩は生まれました。

この母を思いやる切ないまでの美しい心に対して、
母親の信子さんも、彼のために詩を作りました。

わたしの息子よ ゆるしてね
わたしの息子よ ゆるしてね
このかあさんを ゆるしておくれ
お前が脳性マヒと知ったとき
ああごめんなさいと 泣きました
いっぱい いっぱい 泣きました
いつまでたっても 歩けない
お前を背負って 歩くとき
肩にくいこむ重さより
「歩きたかろうね」と 母心
“重くはない”と聞いている
あなたの心が せつなくて

わたしの息子よ ありがとう
ありがとう 息子よ
あなたのすがたを 見守って
お母さんは 生きていく
悲しいまでの がんばりと
人をいたわる ほほえみの
その笑顔で 生きている
脳性マヒの わが息子
そこに あなたがいるかぎり

このお母さんの心を受け止めるようにして、
康文君は、先に作った詩に続く詩をまた作りました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします