こんにちは 😀

山口市の平川と吉敷に校舎があります、KAWASHINグループ「小さな学び舎たかおか塾」の佐藤です。

 

トップの写真の数はなにを示しているでしょうか???

 

 

正解は!

ここ2週間の間でわたしが行った教育相談の数です!!!✨✨

 

2月までに教育相談を行うことを目標としていたわたしですが、

1か月に渡って研修を行っていただき、教育相談のコマを調整していただき、

こんなにも早く目標を達成することができました。

 

教育相談を実際に行ってみて、感じたことが2つ。

 

 

➀ 予習がとまらない

日頃の45分授業の予習にも最低3時間はかけるほど予習に命を懸けているわたしですが、

教育相談の予習は「生徒とかかわる毎日の積み重ね」。

具体的な数字でいうと「数か月、数年」かけるものだと気づきました。

今回の教育相談は、自分が普段授業で関わっている生徒を担当しましたが、

自分が普段担当していない個別生の教育相談をする日も来るでしょう。

授業を担当しない生徒、そして校舎で顔を合わせない先生とも仲良くする大切さを感じました。

 

➁ タッチトーク大事

研修の際にも、席に案内するまでのタッチトークで距離を縮めるように言われましたが、

実際の教育相談で行ってみると、保護者さんの表情が一気に和やかになっていくのが分かりました。

距離を縮められることだけでなく、それを見て落ち着くことができるという点で

本当に大切な一工程であると再認識しました。

 

 

本当に想像以上に早く「教育相談」という目標を達成できたこと、感謝とうれしい気持ちであふれかえっています。

生徒たちにもこの目標達成の喜びを伝えよう(〃▽〃)✨