茂木健一郎が「英語の学びを『人生ゲーム』」と例える理由とは

脳科学者の茂木健一郎さんが英語に
ついて語ったことが、ネットで話題に
なっているので紹介します。

小学校から大学まで英語を学ぶのに
海外に出ると全く英語が話せない
日本人は多い。

その語学力がないことが日本人を
海外から遠ざけている。

日本人のパスポートの保有率は、
アメリカに次いでダントツの
ワースト2位。

実に、4人に1人しか保有していない。

茂木健一郎さんは日本人の英語の
学び方についてこのように話している。

日本人の英語の学び方には致命的な欠陥とは

日本の英語学習のあり方については、
さまざまなことが言われてきている。

それぞれの立場で、いろいろな視点が
あるだろうけれども、
一つだけはっきりしていることがある。

それは、平均的に見て、日本人は、
英語に費やしている時間に比べて、
あまりにも英語が「使えない」状態に
あるということだ。

これは、日本人の英語の学び方に、
致命的な欠点があるということを示している。

もちろん、英語がすべてではない。

しかし、どうせ英語に時間を費やす
ならば、できるようにならないと
意味がない。

本当に、もったいないことだと思う。

どうやったら、英語が使えるようになるのか。

私自身の経験を振り返ると、日本の
英語学習のやり方の限界に気づいた、
とても象徴的な出来事があった。

茂木健一郎の『本物の英語』との出合い

高校一年の時、私は、カナダの
バンクーバーに1カ月間語学留学した。

私たちはそれぞれのホストファミリー
の家に散らばって、昼間は、
コミュニティ・カレッジで英語を勉強した。

それまで、私は日本の公立中学で、
普通に一年生から英語を学んでいた。

学校での成績は、正直、抜群に良かった。

しかし、それは、私にとっては、
英語の本質に触れることには
つながっていなかった。

「本物の英語」との出合い。

それは、ホストファミリーの家に
到着した瞬間に始まった。

私がお世話になった家には、当時8歳
と10歳の、二人の子どもがいた。

小さな方がトレバー。
大きい方が、ランディー。

玄関に彼らが迎えに来て、お互いに
「ハーイ!」と挨拶した。

目のクリクリとした、とてもかわいい
男の子二人だ。

その5分後。

トレバーとランディーは、私に、
「人生ゲーム」をやろう、と持ちかけてきた。

ちょっと待て、人生ゲームだって!

ダイヤルを回し、出た数字によって、
自分が乗った自動車を進めていく。

いろいろなイベントがあって、
結婚などもして、家族を育てていったりする。

あの複雑なゲームを、私は、到着後
いきなり、トレバー、ランディーと
いう元気一杯の男の子とやる羽目に
なったのである。

しかも、当然のことながら、英語で。

「わっ、給料が上がった」

「よい仕事が見つかった!」

「昇進した!」

「わあ、痛い、思わぬ出費!」

そのような会話を、
英語でしなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です