黒人男性が白人至上主義者をハグし、「なんで僕のことが嫌なんだ?」と執拗に聞き続けた結果・・・

世の中から未だ人種差別はなくなりません。

他国と比べ、単一民族が多くを占める
日本では感じることは少ないかも
しれません。

しかし、海外に出ると人種間の差別は
根強く残っています。

しかし、白人至上主義団体代表者の
DNAに14%黒人の血が混ざっていたと
いう記事でも話題になりました。

「完全に白人の血しか持っていない」
という人間はむしろ、ほぼ皆無です。

私達はさまざまな種類の血を、
受け継いで生きているのです。

『何で僕のことが嫌いなんだ?』

ある黒人男性が、

「何もしていないのに、どうして嫌われなければならないのだろう?」

という率直な気持ちを、白人至上主義の
男性にぶつける事にしました。

アメリカのフロリダ大学で、
ある白人至上主義者がスピーチを行いました。

彼を支持する人や、彼の意見に反対する
人など、様々な人が押し寄せ、その場は
大混乱でした。

両者の言い争いが大きくなり、
ちょっとした騒ぎが起こっていました。

そこに、たまたま黒人男性の
アーロン・コートニーさんが、
通りかかりました。

そして、白人至上主義者である男性の
目の前に立ってこう尋ねました。

「なんで僕のことが嫌いなんだ?
 何がいけない?
 肌の色?
 歴史?
 それともこの髪型か?」

心の叫びともいえる真摯な問いかけ。

しかし、相手の白人至上主義者の男性
からは何の反応はありませんでした。

もちろん、自分が真剣に質問している
ときに、何も応えてくれなければ、
誰でも怒りを覚えるでしょう。

コート二-さんも、自分のことを無視
する彼の姿にだんだんと怒りを覚えて
いきました。

しかし、コートニーさんは、

「話を聞け!」

と相手に怒りをぶつける代わりに、

「彼が必要なのは愛なのではないか。
 黒人とちゃんと接したことがないのでは?」

と考えました。

そして彼は驚くべきことに、彼の体に
腕を回し抱きしめるようにして思いを
訴え始めたのです。

もちろん、白人至上主義者の男性は、
初めは驚いてコートニーさんのハグを
拒絶しました。

しかし、諦めずに抱きしめてくる
コートニーさんにとうとう根負けし、
なんと抱きしめ返したのです。

そして、コートニーさんはもう一度、

「なんで僕のことが嫌いなんだ?」

と質問をしました。

すると、ついに彼は口を開いて言いました。

「わからない」

たった1度、ハグするだけで世界が変わる

今回の件に対して、コートニーさんは

「あれは彼の本心だと思います。
 
 彼自身、差別する理由を
 分かっていないんです。
 
 たった1回のハグは、世界を変える
 ことだってできます。

 シンプルなこと。」

と、語りました。

差別なんかいらない。

いろんな人種がいるのだから、
いろんな文化がある。

それぞれがそれを尊重し合える世の中
になって欲しい。

人種差別をしている人も
なぜ、人種差別をしているか
わかっていない人も居る。

今の日本の子ども達は、日本が移民を
受け入れる舵を切ったときに多くの
人種と生活することになります。

そのときまでに、人種差別なんてない
世の中になって欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です