「うちの子がお宅の車に傷をつけてしまいました」と告白したところ届いた請求書に驚愕!!!

我が子がお隣さんの車に傷をつけてしまったら・・・

子どもは無邪気です。
悪気がなくてもやってしまうことも
ありますよね。

今回、紹介するお話は、そんな子ども
が起こしてしまった事件に関するものです。

ある3歳の女の子が
なんと隣人の車に傷をつけて
しまいました。
 
車のドアに大きな落書きのように
目立つ傷…

小さな子どもって特に悪気はなくても
ときにとんでもないことを
やらかす事がありますよね。

しかし、そんな子どものした事とは
いえ、実際にやられた方からすれば
たまったものではありません。

この最悪の事態に気づいた両親は、
すぐ隣人宅へお詫びに行きました。

そして、

「修理代を弁償させて下さい。」

と申し出ました。

大切な愛車を傷つけられた隣人は、
女の子の両親宛てに
「請求書」を作成しました。
 
これが届いた隣人からの請求書。

●修理代とスプレー代・・・1,500ポンド(約287,000円)
●それらにかかる税金・・・300ポンド(約57,000円)

その金額に動揺し、言葉を失う両親。

弁償するとは言ったものの、
修理費がこんなに高額だったとは・・・

両親は動揺しつつも
おそるおそる請求書の続きに
目をやると・・・

●修理のことを考えている間に飲んだ
大量の紅茶代・・・28ポンド(約6,000円)
●その紅茶と一緒に食べた
大量のビスケット代・・・10ポンド(約2,000円)

えっ!?なにこれ・・・
 

そこから、まぁ子どものしたことです
し、1838ポンド(約352,000円)を
マイナスして・・・

お金はいただきません

寛大でウィットに富んだ

隣人の対応に感激した両親。

そして、

請求書の最後には一文が
添えられていました。
 

お願いしたいのは、

もし私たちが留守にしたときに

荷物が届いたら預かっておいて

っていうことぐらいかな。

一切の費用を請求しなかっただけで
なく、最後に何かお願いをすることで
相手に気を遣わせないこの対応が素敵!

この隣人は、女の子の両親が正直に
告白し、誠意を見せた事で
寛大に対応してくれたようです。

悪気のない過失だとわかっていても、
一時的な感情でつい怒ってしまいがちです。

この隣人のように寛大な心と優しさを持って
スマートに対応できるようになりたいものです。
 
この対応が絶対正しいとは言えません。
でもこんな寛大な行動は、

この子に罪悪感以上の大切なものを
学ばせてくれた事件だと思います。

とても心温まる記事ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です