南アフリカのケープタウンにある
貧民街は衛生環境が劣悪なため、

毎年数千人もの人々がチフス、下痢、
肺炎、コレラなどの感染症で
亡くなっています。

中でも子どもたちの死亡率が高く、
衛生状態の改善が急務となっていました。

子どもたちの命を奪ってしまう感染症
の多くは、実のところ

“頻繁に石鹸で手を洗うこと”

によりかなりの割合で防げます。

そこでWHOは、子どもたち一人一人に
石鹸を配布することにしましたが、

普通の石鹸を単に配布するのではなく
ある工夫をしました。

その石鹸は、

“石鹸を確実にしかも頻繁に使ってもらえるように”

と、

「Hope Soap」

と名付けられました。