甲子園スパルタ監督の「文武両道がありえない」に猛反論


出典元:withnews.jp

今年も、甲子園が開幕し熱戦が
繰り広げられています。

そんな中で、ある監督のコメントが
ネットを騒がしました。

それは、山口県・下関国際高等学校の
坂原秀尚監督のインタビュー記事です。

荒れ放題だった野球部を立て直した
坂田監督は「文武両道」という言葉が
大嫌い。

野球と勉学の両立について、

無理です。『一流』というのは
『一つの流れ』。例えば
野球ひとつに集中してやるということ

と話し、文武両道は二流だと指摘。
また自身が現役野球部員だったときは
日々の練習で野球が楽しいと思った
ことはなかったといい、

「『楽しく』という餌をまかないと
(選手が)来ないような学校は
ちょっと違う」

とコメントしました。

これに対して武井さんは、

『学校の勉強』と『スポーツ』
を両方やるのが文武両道というわけ
じゃない。

スポーツにおける「楽しい」について

楽しく、わーって練習することじゃ
ないんですよ。その練習をやったら本当
に実力が身に付いて、正しく伸びて
いけるのが一番の喜びなんですよ

とコメントしました。

自身が陸上で滞りなく記録を伸ばせた
のも物理学の勉強をしていたからだ
とコメントし、

そういう意味での勉学はすごい重要だ
と思うし、彼(監督)の言ってる
『文武両道』ってのはちょっと極端
すぎると僕は思います

とコメントしました。

また超一流選手が
「勉強はあまりしていませんでした」
というのは「結果の話」だと指摘。
勉強ができるトップ選手もいることを
挙げ、

その人たちは例え途中で怪我をして
スポーツ人生が絶たれても多分
引く手あまただと思う。

(プロ野球選手になることが)全て
一流なのかと、俺はそういうこと
じゃないと思うんですね。

違う道も一流の歩き方ができるっての
が俺は一流だと思ってる。その道に
必要な、自分をのばせるものを
持たせることが教育だと思う。

と熱弁をふるいました。

スポーツも勉強も、
やればやるだけ人生のプラスに
なる武器になんだよ

と「文武」だけでなく、将来の目標の
ために必要なものはすべて磨いておく。

武井さんのエールは、
とても心に響き感動しました!!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします