皇太子殿下も感銘を受けた「子は親の鏡」とは・・・

「子は親の鏡」

ある投稿者の妹が、学校でもらってきた
張り紙をツイートして話題になりました。

それが、こちら。

この詩は、アメリカの教育学者の、
「ドロシー・ロー・ノルト」さんによって
書かれたものです。

皇太子殿下は、過去に愛子様の養育方針を、
質問されたときに、この詩を紹介されました。

愛子の養育方針ですが、
愛子にはどのような立場に将来なるにせよ、
一人の人間として立派に育ってほしい
と願っております。

3歳という年齢は今後の成長過程でも
大切な時期に差し掛かってきていると思います。

愛子の名前のとおり、人を愛し、
そして人からも愛される人間に
育ってほしいと思います。

それには,私たちが愛情を込めて
育ててあげることが大切です。

つい最近、ある詩に出会いました。
それは,ドロシー・ロー・ノルトという
アメリカの家庭教育学者の作った
「子ども」という詩で、
スウェーデンの中学校の
社会科の教科書に収録されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です