オランダの国王が21年間、秘密で続けたアルバイトとは・・・国王だって夢は叶えたい!!!

オランダ国王の夢

オランダのウィレム・アレクサンダー国王が、現地紙のインタビューで21年間、月2でアルバイトをしていたことをカミングアウトしたことがネットで話題になっているので紹介します。

そもそも国王がアルバイトをしていたことも凄いことですが、その職業にも驚愕です!!!

オランダ国王が月2でやっていたというアルバイトは、国王の幼少期からの夢だったそうです。

特別な式典や行事がない限りは休むことなく出勤していたそうです。

国家の代表・象徴であるウィレム・アレクサンダー国王の知られざるもう一つの顔は…

パイロット!!!

なんと、オランダ国王は、身分を隠しながらKLMオランダ航空で副操縦士として活躍していました。

国王が飛行機愛好家であり、パイロットの資格を取得している事は国民の間に知れ渡っていました。

しかし、まさか本当に操縦していたとは・・・。

これは全国民が度肝を抜かれた告白でしょう!!!

オランダ国王は、

「王族に生まれていなかったらボーイング747などの大型旅客機のパイロットになりたかったよ」

と周囲に語っていたそうです。

まさか、その夢をこっそり叶えていたとは!!!

これまで機内でアナウンスをすることもあったそうですが、搭乗への感謝を伝えるだけであり、名前を名乗る必要がないため、乗客に正体を明かさなかったそうです。

緊急時にオランダに戻れなくなってしまう、という理由から、日付をまたぐ国際線の操縦は行ってこなかったそうですが、いつかは国際線の操縦もやりたいと語っているそうです。

オランダ国王は、今後も国内線を中心にパイロットとして勤務を続けていくそうです。

国王、自ら夢を叶える。

夢を叶えるのにいろんな壁がありますが、これほど高い壁は少ないのでは???

オランダ国王の行動に感動しました!!!

出典元:iinee-news.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です