「ゲームOK」の子の方が勉強に集中し、親との会話も長い!?

こんにちは!!山口市・宇部市の学習塾『かわしま進学塾 宮野校』のヒゲです!!

今日は衝撃的なタイトルになっておりますが、元ネタは7月12日発行の朝日小学生新聞です(※リンク先はpdfファイルです。是非小学生のお子様を持つ親御さんにご覧になって頂きたい記事です)

 

記事の一部を見てみると・・・・

 

 

「朝日小学生新聞」読者を対象に6月、ネットでアンケートを行い、小学1年生~6年生の男女457人から回答を得た。ゲーム機を持っている子ども(370人・全体の81.0%)に、ゲームで遊んでいいか聞くと、「遊んでいいが、ルールがある」が91.9%、「遊んでいいし、ルールもない」は3.5%、「遊んではいけない」は4.1%だった。

ゲームをする時のルールの内容は、「ゲームをする前に、宿題や勉強をすませないといけない」(67.9%)、「1カ月/1週間/1日に何時間までゲームをしてもいいか決められている」(56.8%)、「夜遅くにゲームをしてはいけない」(49.1%)などだった。

学校の成績の自己評価をゲームに関するルール別で見ると、「成績がいいと思う」「まあまあいいと思う」と答えた割合は、ゲームOK(94.9%)でもゲームNG(93.3%)でもほとんど差がなかった。親にも同じ質問をしたが、回答はほぼ同じだった。

1日の勉強時間をゲームのルール別で見ると、ゲームOKの子は82.3分、ゲームNGの子は89.0分と、NGの子の方がやや長かった。「ゲームOKの子どものほうが効率よく勉強ができているとも言える」と同社は指摘する。

勉強への集中力について子どもに聞くと、ゲームOKの子どもの「集中してできる」の回答は81.0%、ゲームNGは73.3%と、OKの子どもの方が集中力は高いようだ。

勉強と遊びの切り替えが得意か聞いたところ、「得意」と答えたのはゲームOK・NGとも約60%とほとんど同じ割合。ゲームOKの子のうち、ルールがない子は、84.6%が「切り替えが得意」と回答した。同社は「勉強と遊びの切り替えにゲームは悪影響をもたらさないことは確かなようだ」としている。

夏休みなどの宿題の計画性・自主性について聞いたところ、「宿題を計画的にできる」と答えた子はゲームOKで70.5%、NGで60.0%と、OKの子の方が計画性が高い子が多かった。保護者に聞くとその差はより大きくなり、ゲームOKが62.6%、NGが40.0%と、20ポイントも開いた。

宿題の自主性については、ゲームOKの子は75.9%が「自分で進める」と答えているのに対し、NGの子は46.7%にとどまり、半数以上が「人に頼る」(53.3%)と答えた。保護者も同様の意見(ゲームOK:71.4%、ゲームNG:66.7%)だった。

家族と1日の会話時間を子どもに聞くと、ゲームNGの子の62.5分に対し、OKの子は90.5分と30分近くも長かった。子どもと一緒にゲームをすると答えた保護者は約3割。子どもの成績別に見ると、成績上位層の子の家庭は37.3%、成績下位層では32.9%と、親子でゲームをする家庭の子の方が成績が高い傾向があった。

ゲームが勉強に役だったかを子どもに聞くと、約半数(47.5%)が「役に立つことがあった」と答えた。役だった内容は「いろんな知識が身についた」(56.7)が最多で、「漢字を覚えた」(30.9%)、「集中力が上がった」(18.4%)、「計算問題が早くなった」(15.7%)などがあがった。

調査対象のうち、ゲームOKの子を人数に換算すると353人、NGの子は15人と大きな差があり、調査結果は「参考程度」(同社)だが、「小学生新聞の読者は勉強などへの意識が高く、アンケート調査を行っても結果にあまり差がでないことが多い。今回は顕著な差が出たため、参考情報として意義があると考えている」と同社は説明している。

 

という内容です。(リンク先の朝日小学生新聞をご覧になって頂けるとより詳細な内容が載っております。)

 

結局のところゲームがどうこうというより、自己管理が出来る自制心があるかどうか(または育むかどうか)であり、逆にゲームが無くても自己管理出来ない子は結局勉強の出来にはつながらないという事です。

この記事は「ゲームをやらせたほうが成績がいい」ということを主張したいのではなくて、「親との信頼関係が良好で自制が利く子が成績がいい」ということなんだと思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です