『約束していたお子様ランチ』

大型連休のときはいつも家族で旅行。

そんなご家庭も多いのではないでしょうか!

行先はいろいろありますが、やっぱり人気は「ディズニーランド」。

子どもたちの笑顔にするだけでなく、大人を引き付ける魔法の魅力がありますね。

ディズニーランドでは、様々な伝説的にエピソードがあります。

その中でもわたしが、とても感動したお話を紹介します。

ある日、若い夫婦が2人でディズニーランドのレストランに入ってきました。

夫婦は2人掛けのカップル席に案内されると、『お子様ランチ2つ』と注文しました。

ところが、ディズニーランドには『お子様ランチは9歳まで』という決まりがありました。

キャストは丁寧に頭を下げて言いました。

『お客様、大変申し訳ございません。

お子様ランチは、お子様限定のメニューになっております。』

それを聞いた女性はがっくりと肩を落としました。

キャストは、女性がとてもがっかりしたのを見て、これは何か特別な理由があるのかも・・・

と思い、思い切ってたずねてみました。

『お子様ランチはどなたがお召し上がりになりますか?』

女性は静かに話し始めました。

夫婦:実は、子供がいたのですが、1歳のお誕生日を迎える前に、病気で亡くなったんです。
 
生前、子供の病気が治って元気になったら、いつか、3人でディズニーランドに行って、お子様ランチを食べようね・・・

と約束していたんです。

なのに、結局、その約束を果たすことができなかったんです。

今日は、子供の一周忌なのですが、子供の供養のためにその約束を果たそうと思ってディズニーランドに来たんです。

 

キャスト:かしこまりました。

お子様ランチ、お2つですね。

それでは恐れ入りますが、お席を移動していただけますか?

キャストは2人に向かって頭を下げると、2人掛けのカップル席からファミリー席に移動してもらいました。

そして、キャストは2人の間に、子供用のイスを準備すると、
お子様はどうぞこちらに
と、まるでそこに子供がいるかのように導きました。

しばらくすると、お子様ランチを3つ持ってきて、子供用のイスの前に、3つ目のお子様ランチを置いて言いました。

キャスト:こちらは、ディズニーランドからのサービスです。

ご家族でごゆっくりお楽しみください。

2人はとても感激しました。

そして後日、ディズニーランドに手紙が届きました。
 

【手紙の内容】

お子様ランチを食べながら、涙が止まりませんでした。

私たちは、まるで娘が生きているかのように家族の団らんを味わいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ディズニーランドのすごいと思うところは

『お子様ランチは9歳まで』というルールがあっても

『本当にそれがお客様のためだったら、そのルールを曲げても良い』

という更に次元の高いルールがあるというところです。

マニュアル、ルールは大事です。

しかし、それを超えた、人間としてどう行動すべきか。

そこに感動が生まれリピーターが増えるのでしょう。

わたしもとても感動しました。

出典元:iinee-news.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします