この小学校の先生がすごい!子どもたちのやる気を引き出す数々の仕掛けとは

山口市・宇部市の学習塾『かわしま進学塾』の野上です。

今日はある学校の先生の記事を紹介します。

保護者&先生にとってはすごく為になる内容ですので、最後までご一読いただければと思います。

小学校の授業に一風変わった教育手法を持ちこみ、子どもたちのモチベーションを上げまくっている先生がいる。東京学芸大学附属世田谷小学校の沼田晶弘先生の授業風景は、まるで司会者とひな壇芸人のようだ。

「皆さんがイメージしている普通の授業が国会答弁みたいな感じだとすると、僕の授業はそういう決まった形がありません」

沼田先生が問いかけると、子どもたちはどんどん話す。そこにツッコミを入れつつ、話を広げたり、ほかの子に振ったり、最後に先生がオチを持っていこうとすると、また子どもたちが取り返す。

なぜそんなアクティブな授業が可能なのか。子どもってもっと気難しい存在じゃないの? なんて、ついつい不思議に思ってしまう。子どもをやる気にさせるマジックはきっと大人にとっても参考になるはずだ、ということで沼田先生にいろいろな話を聞いてきた。たぶん新人教育に悩む先輩社員なんかにも参考になるだろう。

「先生の授業はお笑い芸人みたいだね」

–学校授業といえば想像するのはまさに国会答弁でした。先生の説明を聞いて、さされたら何か答えるという。

それって面倒くさいですよね。例えばよくあるのが、子どもが「はい」と手を挙げたら椅子を引いて、起立して、椅子を入れて「4です」と。

ただ「4」って言うだけなのにその作業に時間を取られるのは無駄だし、子どもだって椅子を入れている間にアイデアが変わったりするんですよ。だからとりあえず座ったまま何か話してもらって、それに僕がツッコミを入れて授業をする。

こういった授業をやっていたら、「先生の授業はお笑い芸人の誰々さんみたいだね」と言われて。それで「これだな」と思って、意識してみるようになりました。話を広げて広げて、最後に美味しいところを持っていこうとしています(笑)

なんでそうなっているの?を考えさせる

基本的に正解・不正解がないことを聞くことが多いんです。算数で言ったら逆転の発想が多くて。今日覚えるのが「三角形の面積=底辺×高さ÷2」だとしたら、僕は最初にその公式を出しちゃって、なんでそうなっているの?を考えさせる。ほかには「筆算」ってなんで縦書なの?とか。

最初の頃はみんな「え?」とかって言ってましたけどね。いまの子どもたちって塾とかに行ってるので、筆算の仕方くらいは知ってるんですよ。でも筆算の仕組みはわからないので、それを考えることによっていろいろ学べる。なるべく彼らがやりやすいようにしたいんです。

勉強が面白いかって言ったら、たぶんその面白さに気づくのって大人だけなんですよね。いろんな経験がないと勉強の面白さってわからないし、ましてや子供なんかやらされてる感満載です。それにも関わらず大人から「将来のために〜」とか言われたところで無理。

算数で「デシリットル」とか出てきますけど、僕でさえ人生で使ったことがあまりない。デシリットルなんて一度もないですよね。

仮説を立てさせることで事実を学ぶ

–デシリットルを面白くするのは大変でしょうね。

でもどうやって面白くしていこうかなと考えると、お決まりのことがあるとやりにくい。だからちょっとふざけちゃおうと。ふざけたことによって、実は本質的な学習ができてるようにしています。

例えば卑弥呼について学ぶときも、「みんな、仮説って知ってる?」と切り出して、「仮説」という言葉の意味を調べて、じゃあ今日は卑弥呼についての仮説ね、と。事実を元に仮説を立てろって言ったら、皆すごい調べて仮説を立てるんですよ。「卑弥呼美白説」とか出てきますからね。

その美白説だけを見るとふざけてるんですけど、ちゃんと根拠はある。卑弥呼は銅鏡をもらった。銅鏡は鏡だけど銅だから顔が茶色く見えた。それで自分の顔は日焼けしすぎていると思って、人前に出なくなった。そんな仮説です。

確かに人前に出なくなったことと、銅鏡をもらったことは、魏志倭人伝から引いている紛れもない事実です。だからすごく卑弥呼について勉強して、勉強した結果ふざけた仮説を出してるんですよ。

–事実はちゃんと覚えて、それを元に楽しんでいるわけですね。

2年生の時の掛け算、九九もそうです。「九九シート」で覚えますよね。お友達、おうちの人、先生がチェックするハンコがあるじゃないですか。1の段、2の段みたいな。あれが面倒臭いんですよ。なんでかと言うと、例えば40人いるとしたら360回最低聞かないといけないです。

当然、間違える子もたくさんいますから、たぶん700回〜800回は聞かなきゃいけないじゃないですか。こんなに面倒なことはないなと思いました。それで掛け算シートを作って、2000枚とか大量に印刷して好きにやっていいよって渡します。「暗唱するのに2分切ったら、年賀状にU2って書いていい」と、U2の称号を与えたんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です